【大船】味処たはら 行きそびれていた5軒の内の1つ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

元和食店の大将が構える此方のお店

大船・居酒屋・味処たはら

此方のお店も、食べログ検索の“居酒屋・ダイニングバー”部門で、1位から60位の間で行きそびれていた5軒の内の1つで、先々週から伺っていたのですが、生憎と毎回満席で中々入れませんでした。そこで、本日こそはと午後6:00過ぎと言う早めの時間に伺う事にしました。

大船・居酒屋・味処たはら

流石に、この時間では空いていたものの、既に先客が3人以上いた事に少し驚かされました。これではテーブル席1つと後はカウンター席のみの此方のお店が、何時も7:00過ぎに満席になるのも納得できます。

 

此のお店の開店は、自分の記憶が正しければ2002年ごろに入居している雑居ビル(エスポワールⅦ)が建てられた時だと思いますが、此方の大将は以前「喫茶ぶーげん」の右隣り、現在の「VEGA」美容室の場所に在った和食店の大将だったと思います。

大船・居酒屋・味処たはら

確か店名は「たはら」では無かったような気がするものの、随分以前の事なので店名をよく思い出せないのですが、其方のお店には当時何度か通った記憶が有り定食物を中心とした構成で「ミックスフライ定食」等は中々豪華なボリュームだったと記憶しています。

大船・居酒屋・味処たはら

大船飲み屋街の中心的な場所の角地に在り、2方向が道路に面している為に外から見るととても開放的に見えるのですが、中に入ると意外なほどに昭和レトロな落ち着いた雰囲気で中からと外からがとても違った印象でした。

大船・居酒屋・味処たはら

自分1人ですので、カウンターの入口側の席に座る事にして、取り敢えず「生ビール」500円(全て税込?)を注文し、壁やカウンターの上に貼られたメニューを見まわし更にメニューを捲って注文を考えます。

大船・居酒屋・味処たはら

直ぐに、「生ビール」と「お通し」、“おしぼり”が大将によって運ばれて来ました。

大船・居酒屋・味処たはら

「お通し」はしっかり味の滲みた“おでん”で中々良かったのですが、自分の分には大好きな玉子が入っていませんでした。(*´з`)

大船・居酒屋・味処たはら

お客さんは、殆んどが常連さんらしく、カウンター席では早い時間だと言うのに既にマスターとお客さんとの楽しそうな掛け合いが始まっていました。また、後から来たのも皆さん常連客の様で、来店すると入口に一番近い二段カウンターの上に置いて有るおしぼりのウォーマーから自分達で勝手におしぼりを出してから席に着いたり、専用らしいビールジョッキを渡されたりしていて作法が確立されている様でした。

大船・居酒屋・味処たはら

馬刺しを売り物にするだけあって、他のお客さんの注文を見ていると中々のボリューム感でしたが、自分は1人ですのでもう少し軽めの物を探すことにしました。そして、ちょっと珍しい(バター)と書かれたメニューが有り、「ジャガバター」~「銀ダラバター」まで6種類のバターメニューが有りましたので、「帆立バター」700円を注文して見ました。

大船・居酒屋・味処たはら

その後、追加で「日本酒1合」400円を注文したつもりでしたが、「お酒をお願いします、冷で...」と言ったので「地酒一合(冷)」600円が提供された様でした。安い日本酒にしては上等な味でしたので、後から入って来た女性店員に確認したところ此のお酒は“一ノ蔵”の様でした。

大船・居酒屋・味処たはら

「帆立バター」は、小さ過ぎもしませんが大きくも無い普通の帆立が5個で、味付けしてバターソテイされているだけで味や盛り付けに関しても特に此れと言った物は有りませんでした。(*´ω`*)

と言う様な訳で、元和食店の大将が構える此方のお店、殆んどが常連さんらしく作法が確立されている様でした。

訪問

2017/01/27

お店の情報

目安の価格帯(お一人様)

\2,000~\2,999〇

場所

神奈川県鎌倉市大船1-20-5

情報提供

Massuu 氏

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました