【大船】隠れ家 昔から鍋料理が売りの此方のお店

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大船の居酒屋個人店を語る上では欠かせないお店の1つ

此方のお店は、随分久しぶりの来店です。以前、自分の知っていた此方のマスターはお店を今のマスターに譲られて現在は辻堂の方で別のお店を経営されているそうですが、

大船・居酒屋・個人店・隠れ家・鍋料理

今から18~19年前に開店した当時は2階の「カムデンロック」と共に何度も伺った事が有りました。

大船・居酒屋・個人店・隠れ家・鍋料理

お店に入ると、独特な入口の造りや小上がり形式のテーブル席など内装は殆ど以前のままで、ちょっと懐かしい感じでした。やはり、ここ20年来の大船の居酒屋を語る上では欠かせないお店の1つでしょう。

大船・居酒屋・個人店・隠れ家・鍋料理

以前の此方のお店の特徴の1つは、スモールサイズの鍋料理で、かなりの種類の鍋料理が在った気がしますが本日見た所では5種類でした。また、もう一つの特徴である地ビールに関しては、種類が豊富で珍しい地ビールが在ったのですが、此方も珍しい地ビールで構成されているものの6種類と少し少なくなったような気がします。

やはり、大船では高額な地ビールより、値段のこなれた焼酎や日本酒の方が受けるのでしょうか?

大船・居酒屋・個人店・隠れ家・鍋料理

今回は、午後9時過ぎと言う比較的遅い時間でしたので、奥のカウンター席以外の掘りごたつ式のテーブルは、ほぼ満席で丁度左手前に1つ空いていたテーブルに通されました。

取り敢えず「プレミアムモルツ」580円(以降全て税別)を注文すると、先に「お通し」290円の“豆乳スープ”が運ばれて来ました。このスープ見た目もホワイトシチューの様ですが、味も和風のホワイトシチューと言ったところで、さながら某テレビ番組“Chef~三ツ星の給食~”で登場した乳製品アレルギーの女の子の為に作った豆乳で出来たホワイトグラタンのようでした。

大船・居酒屋・個人店・隠れ家・鍋料理

「すいませんメニューって」と言うと、マスターらしい方がテーブルの端を指すので、見ると丸めて湯呑の様な陶器に刺してありました。

大船・居酒屋・個人店・隠れ家・鍋料理

此のメニューを見ながら、まず“おすすめ”メニューから「海老とホタテのアヒージョ」680円と「岩手産 牛肉炙り焼き 部位トウガラシ」1180円を注文し、さらに折角ですから“鍋料理”をお願いしようとメニューを見ると、一人前にしては少し高めに感じましたので尋ねて見ると此方の鍋は一人前かと思いきや2~3人まえとの事でしたので「純米吟醸・岩中豚の味噌鍋」1580円を注文する事にしました。

「海老とホタテのアヒージョ」は、名前から想像していたのと違い、しめじ等のキノコが主体で次いでベビー帆立と海老が少々、オリーブオイルで煮込んでは有るものの肝心の“ニンニク風味”は余り感じられませんでした。

大船・居酒屋・個人店・隠れ家・鍋料理

「岩手産 牛肉炙り焼き 部位トウガラシ」は、値段の割にボリューム感は無く、下味が付いているとの事でしたが自分は塩と山葵をタップリ付けないと物足りませんでした。

大船・居酒屋・個人店・隠れ家・鍋料理

「純米吟醸・岩中豚の味噌鍋」は、純米吟醸の意味を訊き忘れてしまったのですが、以前売りにしていた鍋だけあって中々のボリュームが有り、味噌と豚のコッテリした味の鍋で美味しかったです。ただ、他の薄味の料理と違い最初は良いのですが、最後の方は煮詰まってしまったのか少しくどい味になっていました。

大船・居酒屋・個人店・隠れ家・鍋料理

と言う様な訳で、昔から鍋料理が売りの此方のお店、ここ20年来の大船の居酒屋個人店を語る上では欠かせないお店の1つでしょう。

大船・居酒屋・個人店・隠れ家・鍋料理

訪問

2016/12/20

お店の情報

目安の価格帯(お一人様)

\2,000~\2,999〇

場所

神奈川県鎌倉市大船1-20-6 エスポワール6 3F

情報提供

Massuu 氏

四代目 隠れ家 結 (yui)

大船で長年愛され続けている「隠れ家」が、「四代目 隠れ家 結~yui~」としてリニューアルオープン!

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました