Massuu

Massuu

【大船】和来(わらい) 午前中から呑める居酒屋

大衆酒場の雰囲気が売りで、雰囲気以外のCPはあまり高いとは言えません こちらのお店の有る場所は狭い路地ながら目立つ場所に在り、入り口の派手な「わらい」提灯の列につられて思わず来店しました。
Bar

【大船】和酒bar Tae (ワシュバー タエ) 500円とは思えないCPの「お通し」

洒落たバー風の外観となったものの夜は日本酒とそれに合う肴も健在で、500円とは思えないCPの「お通し」でした 此方のお店、最近改装して昼と夜で別々の顔を持つお店となった様子ですが、洒落たバー風の外観となったものの夜のコンセプトは以前と変わらない様で、日本酒とそれに合う肴も健在でした。
Massuu

【大船】和院 家庭的な料理の居酒屋 日本酒バー お弁当

昼の「ランチ」、夜の「飲み始めセット」どちらもCPが高い、家庭的な料理の居酒屋でした 此方のお店は、去年の暮れにランチで伺った事が有り、その後何度か夜の営業時にお邪魔しようとして前を通ったのですが、満席状態で入れなかった処です。本日は、知人達と夜の大船食レポツアーの2軒目として、此方にお邪魔する事にしました。
スポンサーリンク
Massuu

【大船】網代一菜 (あじろいっさい) 予約必須の人気店 鮨・肴菜・酒処

予約必須の人気店、海鮮系以外は普通の様ですが偶に来ると断念する事の多いお店でした 此方のお店の在る場所は、その昔、確か“お好み焼き”のお店でちょっと焼き方にうるさい店主が居たように記憶しているのですが、その後、今の居酒屋になってからでも相当(20年以上?)経つと思います。
Massuu

【大船】味処たはら 行きそびれていた5軒の内の1つ

元和食店の大将が構える此方のお店 此方のお店も、食べログ検索の“居酒屋・ダイニングバー”部門で、1位から60位の間で行きそびれていた5軒の内の1つで、先々週から伺っていたのですが、生憎と毎回満席で中々入れませんでした。そこで、本日こそはと午後6:00過ぎと言う早めの時間に伺う事にしました。
Massuu

【大船 (笠間) 】浜船・はまふね とても良心的な値段設定のお店でした

大船(笠間)で老舗的な居酒屋は、飲み物を含めて定番メニューが存在しませんが実はとても良心的な値段設定のお店でした 此方のお店も相当古くからやっている大船(笠間)で老舗的な居酒屋です。 自分が横浜市栄区の笠間に住んでいた頃は、閉店した焼鳥の「加賀美」さんと同様に何度かお邪魔した事が有るのですが、反対方面の富士見町に引っ越してからは足が遠のいていました。
Massuu

【大船】清屋(セイヤ) 芸術館通り店

此方のお店は、だいぶ前(13年位前?)から在るのですが何故か誰も食レポしてないので気になっていたお店です。 もちろん“1号店”の「清屋酒店」(15年位前に開店)の方は7件口コミが有りますし、自分も何度か伺った事が有ります。(オーナーは、元々「和民」の出身らしいのですが、和民よりは少し高級路線で魚介類の鮮度にこだわっている様です。)
Massuu

【大船】笑(ショウ) いつでも「おかえり~」という声と笑顔で迎えてくれる居酒屋

大将がジョークを飛ばしながらカウンター越しに乾杯にやって来る店 大船の仲通りの飲食店が集中する辺り、雑居ビルの2Fにこの店はあります。 入り口を入ると左手に、10席弱の年期を感じさせるカウンター席が有りその向こうが厨房で、右手に4人掛のテーブルが2つ、さらに奥の窓側の小あがりにテーブルが2つあります。 この店の大将は、昔あの「鳥恵」で焼き鳥を担当していたらしいのですが、20年位前には会った覚えが有りません、もっと若い「新海」の大将も「鳥恵」でお刺身を担当していたのですが、こちらはよく覚えています。何れにせよ飲食店の移り変りの激しい大船で、独立した個人店が20年近くも続いて来たのですから既に老舗と言っても良いのかもしれません。
Massuu

【大船】「炭火焼 との山」 料理の腕は確かな地元酒飲みの間で有名な老舗の居酒屋

フードメニューは“曲者”ですが、料理の腕は確かな地元酒飲みの間で有名な老舗の居酒屋です 此方のお店、元々は鎌倉で“殿山泰司”が始めた「との山」の姉妹店の様ですが、大船の地元酒飲みの間では良くも悪くも有名な老舗的存在の居酒屋です。
Massuu

【大船】鳥恵 大人気の老舗居酒屋 焼き鳥・魚介料理・海鮮料理

何故か“焼鳥”では無く“海鮮系”が有名な大船で大人気の老舗居酒屋は、1人では中々入れてくれないお店でした 此方のお店は、大船界隈の居酒屋の中で、昔から一二を争う大人気の老舗居酒屋です。確か隣りの鳥肉屋と同系列だったと思うのですが、しかも店名に“鳥”とついているのに何故か”焼鳥”では無く“海鮮系”のメニューの方が大船では有名なお店で、以前にも書きましたが、此方のお店の“生もの部門”から今の「新海」さん、“焼き鳥部門”からは「笑」さんの大将が独立して成功しているのですから大した物です。
スポンサーリンク
Translate »
タイトルとURLをコピーしました